YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強のベルリンフィル木管セクションC

<<   作成日時 : 2004/09/20 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

最近、このタイトルの更新をさぼっていた。
さぼっていたというより、次の楽器について書くのが非常に難しいからである。
ファゴット、別名バスーン。
音色に特徴のあるこの楽器は、オーケストラで重要な役割をするが、、長いソロを吹いたりすることはあまりない。。もっているDVDも一通り見たが、ところどころでとても気持ちの良いソロはあるのだが、長くても約5秒。。非常に短いので、オススメにもしづらい。。

首席奏者のダニアーレ・ダミアーノ、シュテファン・シュヴァイゲルト、共に凄い実力を持った奏者であるのを私は分かっているのだが、言葉で表現するのは非常に難しく。。
ファゴットといえばコミカルな音色のイメージがするが、両者ともそのイメージを覆し、叙情的で透明感のある透き通った演奏である。
オススメのDVD、探しておきます。すみません。
あえて言うなら、バレンボイム指揮ヴァルトビューネ1998ラテンアメリカ・ナイト
http://db.geneon-ent.co.jp/search_new/show_detail.php?softid=303287

シュヴァイゲルトのコミカルなこの楽器のイメージを覆した、ラヴェルのボレロのソロが聴けます。

こちらで購入できます。送料無料!
     ↓
ラテン・アメリカン・ナイトWALDBUHNE1998 : LATIN AMERICAN NIGHT

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベルリンフィル木管ゾリステン
10月24日、ベルリンフィル木管ゾリステンの日本公演に行ってきました。木管ゾリステンはベルリンフィルの首席奏者が集まった木管五重奏団のことである。 フルートはブラウ、オーボエはマイヤー、クラリネットはフックス、ファゴットはシュヴァイゲルト、ホルンはバボラクである。5人についてはすでに今まで紹介したので、改めて説明はいらないであろう。私自身、この木管ゾリステンの公演に行くのは98年(2回)、2000年の公演に続き4回目である。 YOSSYは木管5重奏もとても好きだ。そのサウンドの多彩な色... ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY@Web...
2004/11/25 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最強のベルリンフィル木管セクションC YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる