YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS アルブレヒト・マイヤー

<<   作成日時 : 2004/09/26 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像
新コーナー。これからは最近買ったCDを紹介していきます。
先日も紹介しているベルリンフィル首席オーボエ奏者のマイヤーの新作CD。
J.S.バッハの様々な作品をオーボエとオーケストラのために編曲し、収録した「Johann Sebastian Bach Songs Without Words」。
普段ベルリンフィルで見慣れているオーボエの他に、オーボエダモーレとコールアングレ(イングリッシュホルン)を曲により使い分けて、変化をもたせている。
というのも、オーボエという楽器の音は非常になめらかできれいな音色がする。。という風に言われているが、私的にはほんの数分聴いている分にはいいのだが、CD1枚(約1時間)聴いていると、音色に変化が少ないので途中で絶対に飽きてしまう。
全16曲のうち、オーボエ9曲、ダモーレ5曲、コールアングレ2曲と使い分け、なおもなるべく同じ楽器がなるべく連続ならないようにプログラミングも工夫されている。
さて、CDを再生してまず1曲目、「イタリアコンチェルト ト長調より アレグロ」。すがすがしく明るい弦の伴奏に始まり、スピード感のあるオーボエソロ。非常に気持ちよく、朝の目覚めにぴったり。
私は購入前に某CD店でこのCDを試聴したのだが、この第一声を聴くとすぐにヘッドホンをはずし、このCDを買うと決めた。それぐらいのインパクトである。(笑)
そして最後の曲、「ミサロ短調より アニュス・デイ」は私がとても好きな曲。本来は約2時間ある「ミサロ短調」のなかで最後から2番目にアルト歌手のソロで演奏される。とても哀愁ただよう曲。オーボエダモーレの音色がぴったりで、とても心が洗われた気分でこのCDは幕を閉じる。
というわけで、始めと最後の曲しか紹介していないのですが、全部紹介するととても長くなり、読みづらくなるので1枚のCDの中から特にオススメを!ってことでこれからも紹介していきます。

バッハ・アルバム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベルリンフィル木管ゾリステン
10月24日、ベルリンフィル木管ゾリステンの日本公演に行ってきました。木管ゾリステンはベルリンフィルの首席奏者が集まった木管五重奏団のことである。 フルートはブラウ、オーボエはマイヤー、クラリネットはフックス、ファゴットはシュヴァイゲルト、ホルンはバボラクである。5人についてはすでに今まで紹介したので、改めて説明はいらないであろう。私自身、この木管ゾリステンの公演に行くのは98年(2回)、2000年の公演に続き4回目である。 YOSSYは木管5重奏もとても好きだ。そのサウンドの多彩な色... ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY@Web...
2004/11/25 00:01
マイヤーのモーツァルト
1.フルートためのアンダンテ ロ長調K.315 2.オーボエ協奏曲ハ長調K.3 ...続きを見る
オーボエ試聴室 別室
2004/12/05 19:45
祝!1000!
演奏会が終わった。演奏会のことはまた書こうと思う。 やっと落ち着いたと思ったら、いつのまにトップページのカウンターが1000を超えていて驚き!!嬉しい。 というわけで、12月25日現在の時点でのアクセス数トップ10を発表します! ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY@Web...
2004/12/25 13:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルブレヒト・マイヤー YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる