YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリンフィル12人のチェリストたちA

<<   作成日時 : 2004/11/21 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

画像
2002年に発売されたアルバム「ムーンライト・セレナーデ」。アメリカ音楽集。ジャズを始め、ビックバンド・スピリチュアル(黒人霊歌)・映画音楽・ラップにまで挑戦している。

まず1曲目「キャラバン」、ジャズ音楽で不気味でありながら、エネルギッシュな曲。意外にもチェロが不気味なこの作品と非常にマッチしている。特殊な奏法も駆使しているようで、1曲目から一味違ったチェロの魅力を堪能できる。
2曲目「アメリカ」、バーンスタインのミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」のうちの1曲。6/8拍子と3/4拍子が交互に入れ替わる楽しい曲。聴いているとわくわくしてくる。
3曲目「誰もしらない私の悩み」と11曲目「ディープ・リヴァー」は、スピリチュアル(黒人霊歌)である。黒人霊歌は世界中の人々に人種差別や、奴隷制度と抑圧を訴えた作品が多い。この2作品を「12人」のために書き下ろしたリンデマンはプログラムノートにこう語っている。「この編曲をしたのは、あの9月11日のニューヨーク同時多発テロのすぐあとのことで、早朝の静けさの中、ピアノで仕上げたのです。12人のチェリストたちが深い心情をこめて演奏してくれたおかげで、罪のない被害者への言葉をこえた祈りとなりました」。とにかく美しい、そして心に投げかけてくる。こんな内容の深い作品を今まで知らなかった自分を情けなく思いました。
6曲目「ムーンライト・セレナーデ」、このアルバムのタイトルにもなっているグレンミラーの代表作。ロマンティックなサックスの響きを、チェロで。。まさにぴったり。音色がサックスより透明感があり、、クラシカルな仕上がりとなっている。
7曲目「ザ・フラワー・イズ・ア・キー」(モーツァルトに捧げるラップ)。なんともこっけいなタイトルである。12人のチェリストのために作曲されたオリジナル作品。なんとベルリンフィル音楽監督のサイモン・ラトルがラップを担当しているというのが驚きである。
8曲目「プレリュードNo.2」、この曲を12人が初めて演奏したのは、世界貿易センタービルのテロの翌日だったそうで、ゲオルク・ファウストはプログラムノートにて「全員目に涙を浮かべていました。私たちの音楽のモザイクによる追悼が、そのとき本当に意味をもってきたのです」と語っている。
9・10曲目の「アメリカ2002」もニューヨーク同時多発テロをテーマとしたオリジナル作品。
12曲目の「ラグタイム」は三枝成彰が12人のチェリストのために書かれた楽しい曲。
他にも「ピンクパンサー」など、楽しい曲も盛り込まれ、笑いあり涙ありの絶対オススメの1枚。
クラシックファンのみならず、たくさんの方に聴いて欲しい1枚だ。

11月29日更新
コメントをいただきましたKikiさんのブログ、12人のチェリストたちの演奏会レポートもあり、ベルリンフィルネタ満載。
http://lovebach.cocolog-nifty.com/yappariclassic/

こちらで購入できます。送料無料!
     ↓
ムーンライト・セレナーデ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
祝!1000!
演奏会が終わった。演奏会のことはまた書こうと思う。 やっと落ち着いたと思ったら、いつのまにトップページのカウンターが1000を超えていて驚き!!嬉しい。 というわけで、12月25日現在の時点でのアクセス数トップ10を発表します! ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY@Web...
2004/12/25 13:01
「ベスト・オブ・12人のチェリストたち」
去年(2004年)の11月の来日を記念して 発売されたベスト盤CDです。 前に出ていた「ムーンライト・セレナーデ」と 「時の過ぎるまま」というアルバムからの 選曲です。 2つとも気になってたけど、 買ってなかったので、 ちょうどいいやと思ってベスト盤にしました。... ...続きを見る
Another site:ニャーパス
2005/10/29 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがベルリンフィルおたく!!
最強ですね。
木管ゾリス店(笑)の件では、本当にお世話になりました。

このまえかりた12人のCD,ティル・ブレナー(Tp)もてつだっているのですね。おもしろいです。ナカリャコフよりも男前です。
いずれ、LUCYのブログでもティルについて語っちゃおうとおもいます。

ドイツ熱が・・・・
LUCY
2004/11/22 00:48
ティル・ブレナーは有名なんだ。全然知らなかった。
12人は来日記念でベストアルバムが出たらしいです。要チェックだ!
YOSSY
2004/11/23 22:24
はじめまして!コメント頂きありがとうございます。さっそくお邪魔しました。私の知らないことがた〜くさん書いてあって感激!今度はぜひ12人のチェリストたちのコンサートにも行ってみてください。
kiki
2004/11/29 20:21
Kikiさん、お越しいただいてありがとうございます。ちなみに私の姪もキキちゃんです。“姫々”と書きます。4歳です。大連に住んでます。ってどうでもいいですね。すみません。
12人のチェリストは今回行きたかったのですが、日程があわず…でした。次回こそ!!
YOSSY
2004/11/29 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルリンフィル12人のチェリストたちA YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる