YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS トルン聖ミカエル吹奏楽団A

<<   作成日時 : 2005/04/18 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、今度はまたまたトルンの自主制作の貴重盤「世界音楽コンクール・オランダ・オープン選手権2003優勝ライブ」の紹介である。

世界音楽コンクール・オランダ・オープン選手権2003優勝ライヴ/WMC Open Dutch Championships ...

世界音楽コンクール・オランダ・オープン選手権2003優勝ライヴ/WMC Open Dutch Championships ...

オランダのケルクラーデ世界コンクールは、「世界一の吹奏楽コンクール」と言われている。由緒正しきコンクールで、日本でいかに実績を積んでいようともいきなりトップレベルのクラスには出場できない。とりあえずケルクラーデコンクールの下のクラスで結果をあげないと無理らしい。
そんな中、トップクラスで優勝という凄い団体なのである。

まず聴きどころはストレンスの「ダンス・フュナンビレスク」である。この年の課題曲として取り上げられたものであるが、なんと今から80年前のベルギーの名門ギィデ交響吹奏楽団のために1925年に作曲され、ギィデ門外不出のレパートリーであった。
前半部分の神秘的な美しさ、後半は狂乱の盛り上がりで終わった瞬間、歓声の嵐!!私も初めて聴いたときは「えっ?あんまりおもしろくないじゃん」って思ったのだが、聴けば聴くほど味が出てくる。。もう今は1日に3回は聴いている。。ちなみにYOSSYの所有するCDは最近数えたことはないが、おそらく数千枚に達している。その中で、、1日3回聴くCDは大変珍しいのである。
ちなみに聴いてはまってしまった方は、フルスコアの購入もオススメする。幻の作品にしてはなかなかリーズナブルな値段だ。

ダンス・フュナンビュレスク/Danse Funambulesque【吹奏楽フルスコア】

それから、J.バーンズの交響曲第3番より第3楽章「ナタリーのために」が凄い!
この曲、幼くして亡くした自分の娘のために書いた作品。私も昔、バーンズの指揮でこの作品を演奏したがあのときのバーンズの表情は忘れられない。トルンのナタリーも、熱のこもった名演!本当に泣ける。。

他にレスピーギの「ローマの祭り」全曲なども収録され、演奏は全て素晴らしい。

先日この記事でも紹介しているバンドパワーさんから「このCD、生産終了になったので早めにキープしておいたほうがいいよ」と私のところに連絡がありました。数年後に幻のCDとして語り継がれること間違いなし!今すぐゲットせよ!
なおYOSSYの知り合いの方(バンド関係者様など)は、ご連絡いただければ送料分はいただかずにお取引できます。取扱店のバンドパワーは私の家の近所ですので。YOSSYまでメールにてご連絡ください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルン聖ミカエル吹奏楽団A YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる