YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリンフィル日本公演2005A

<<   作成日時 : 2005/11/21 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

11月21日。ベルリンフィル日本公演も2日目。サントリーホールでの公演だ。今日は仕事が思うように片付かず、開演ぎりぎりに到着。

さてさて気になる主要メンバーは、、フルート・ブラウ、オーボエ・ケリー、クラリネット・シュテファンス、ファゴット・ダミアーノ。ホルンはシュテファンドール。。
1曲目の牧神の午後への前奏曲は、先日パユのソロでアルバムをリリースしたばかりなので、今回もパユが吹くと思いきや違った。。ソロはブラウ。しかしこの名手のソロは本当にすばらしかった。そして、シュテファンドールのところどころのソロが力強く美しかった。
2曲目、アデスのアサイラはベルリンフィルがたびたび取り上げている現代曲。ラトルの音楽監督就任記念コンサートでも取り上げていた。
銅羅を水につけて、おもしろい音を出すウォーターゴングなども用いた打楽器大活躍の作品。緊張感がはりつめて、とても堪能できた。
さて休憩をはさみ、リヒャルト・シュトラウスの英雄の生涯。
ここで豪華メンバーが…。。コンマス兼ソリストは安永徹、チェロはクワントとファウスト、コントラバスにシュトール。木管は前半と同じメンバー。そして金管、、今日は金管が本当に凄かった。
ホルン8人を要するこの作品。。なんと首席のシュテファンドールとバボラクが揃いぶみ。。サラウィルスやハウプトマンなど正規メンバー8人が勢ぞろい。。それだけでも驚きなのに、トロンボーンには首席のオラフオットー。テナーテューバには、普段トロンボーン首席のゲスリングが。。そしてトランペット、首席のヴェレンツェとタルコヴィに加え、つい最近まで首席であったクレッツァーが連ねる。。これには驚きだった。。テューバ首席のヒュンペルも加わり、金管首席奏者が全員勢ぞろい。。ただただ脱帽。。
演奏はまず冒頭の弦楽器、、聴いたものもないようなオーラのある鮮やかなサウンド。。そしてそれにホルンが続く。。ホルンはとにかく最強。終始もの凄いオーラを出していた。。そして安永徹のヴァイオリンソロ、、本当にすばらしかった。。
さて、、実は英雄の生涯。。そのことくらいしかあまり覚えていない。。というのも私の席の目の前に最悪の客がいたからだ。。おばさんだった。たぶん前半の部はいなかったと思う。
英雄の生涯がはじまるやいなや、ずうっとプログラムで仰いでいる。とても緊張が張り詰めているようなところでも。。おかげで目がちかちかして、こっちは演奏に集中できない。。そのおばさんの隣の隣のおじさんが何度となく注意するが仰ぐのをやめないばかりが余計にひどくなる。。周りの人は本当にイライラ。。そしてそのおばさんの隣にいた年輩の女性に何度となく話しかける。てっきり連れかと思って、その女性のことも私はにらんでしまったが、後から気づいたのだが全然他人だった。。その女性は一番損をしたと思っているだろうな。。
さて、、そんなわけで終始、目がちかちか…。。気になって演奏に集中できなかった。。
そんなことをしているうちに演奏が終了。。
周りはブラボーの嵐。。しかし私たちの周りはそんな雰囲気ではなかった。。隣の年輩の女性は即退席。。出口前でホール係員に苦笑いしながら、ぐちりつつ、ずうっと拍手をしていた。。
さて、気を取り直してアンコール。ドボルザークのスラブ舞曲。。しかしおばさんの仰ぎはおさまらない。。さっきまで何度と注意したおじさんがついにしびれを切らして、仰いでいたプログラムを取り上げる。するとおばさんも反撃。。静かなもみあいとなる。。そしておじさんがおばさんを追い出して、やっと静かに。。…と思ったらまもなく曲が終わってしまった。。というわけでこの曲もほとんど覚えていない。。27000円もしたのに、、残念だった。

さてこのおばさん、、なにものだったのだろう?なにかの知的障害者で実はとても音楽が好き…とかなのだろうか??少なくとも27000円もするコンサートを興味のない人が来るわけもなかろう。。
演奏聴きながらいろいろ考えてた。。
音楽は大好きで…、、我々が仰いでいるように見えたのも、実はリズムをとっていたのでは…とか。。
そんなことを考えてたから演奏になかなか集中できなかったわけだ。。
しかしそういう人だったと仮定しても、我々は「来るな」という権利はないであろう。ただどうしても来たいなら、、ちゃんと制御できる保護者を同伴してくれないと…とは思う。。我々の周りにいた人はみな、数万のチケット台無し。。
どうしてくれよう。。
みなさんは、こういうお客さん、、どう思いますか?
本当に楽しみにしていたベルリンフィル日本公演最終日はこうして幕を閉じた。。(-_-メ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
YOSSYさま

ひどいですね…残念でしたね…私は行けなかったけど、行ったのにそんなんじゃあガッカリですよね…。コンサートに行くとそういうことはよくありますけど、何もベルリンフィルでそんな目に遭わなくてもいいのに…。私はちょっと動かれたりするのもスゴ〜く嫌なので、YOSSYさまの状況に自分がいたら…と考えると体中の血液が逆流するくらい怒りますわ…。でも以前、飴の包み紙を演奏中にガサガサやるおじさんを振り返って睨みつけたら、逆ににらみ返されて怖い思いをしたので、気をつけてくださいませ…。
前日のNHKホールでは私の隣の男の人…鼻がスーピー鳴ってましたよ…。
kiki
2005/12/02 21:36
本当に腹立たしいですよね。今朝、ちょうどフジテレビの英雄の生涯の放送を見て、感動とともにあの怒りもよみがえってきました。(汗)
おまけに逆ギレされたりしますからね。。注意が必要ですね。。
YOSSY
2006/01/03 23:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベルリンフィル日本公演2005A YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる