YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲルギエフ&マリンスキー歌劇場管 2006年日本公演

<<   作成日時 : 2006/01/24 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月24日、今日は久々のコンサート。
世界のカリスマ指揮者ゲルギエフと、ゲルギエフが長年慣れ親しんでいるマリンスキー歌劇場管弦楽団の公演だ。
本年1月はマリンスキー・オペラの公演が続いている。そのオペラの公演のスケジュールを縫うように、管弦楽団だけの演奏会が行われるというわけだ。
かつてマリンスキー・オペラはキーロフオペラという名で親しまれていたが、ここ最近はマリンスキー・オペラと呼ばれるのが主らしい。私は勉強不足でその理由まではわからないので、どなたか博識な方、教えていただきたい。

メイン・プログラムはマーラーの交響曲第5番。トランペットが冒頭から活躍の作品である。さて、ソリストは思い切った起用で首席ではなく若手だったっぽい。ところどころはずしたり…とかあったが、あそこまで熱演できるところさすがはロシアオケマンだ。ゲルギエフのマーラー5番はところどころ解釈に「?」と思うところもあったが、クライマックスの盛り上がりはさすがだ。すさまじいほどのブラボーの嵐だった。さて、今回のMVPはホルンソリスト。あんなに吹けるのは鬼だ。正直驚いた。ゲルギエフもその功労を称え、カーテンコールでは舞台前まで呼び出し、まるで協奏曲のソリストのように2人でカーテンコールを繰り返した。
やはりマリンスキーでロシアものを聴きたくなった。明後日は、ムソルグスキーの「展覧会の絵」やチャイコフスキーの「交響曲第5番」。。行きたい。。


この記事を読んで、ためになった方・楽しんでいただけた方はぜひこちらへクリックをお願いいたします。クリックしていただき、ランキングページに行くだけで投票したことになります。
人気blogランキングへ投票


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゲルギエフ&マリンスキー歌劇場管 2006年日本公演 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる