YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ベスト・オブ・エマニュエルパユ

<<   作成日時 : 2006/03/08 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベルリンフィルの首席フルート奏者として活躍するエマニュエル・パユの新アルバム(3月8日発売)。今回はEMIとの録音契約10周年を記念しての今までのアルバムの中からの選りすぐりを集めたベストアルバム。CDの内容だけでなく、解説書もの方も満載だ。

ベスト・オブ・エマニュエル・パユ~モーツァルトから日本へ

まずはパユの生い立ちから今までについて本人のコメントを含めて紹介している。「パユはモーツァルトと同じ日に生まれた」と。。今まで全然知らなかった。1月27日だそうだ。そこから始まり、なんと5ページを使っての紹介。本当なら内容をいろいろ紹介したいところだが、著作権の都合もあるので見てのお楽しみ…ということで。
プログラムノートも6ページに渡り、満載。。パユの写真も多く、ファンにはたまらない冊子だ。

さてオススメ演奏の紹介にうつろう。

フルートとハープのための協奏曲より第2楽章(モーツァルト)アバド指揮ベルリンフィル
プログラムノートには「ベルリンフィルの管楽器奏者が芸術監督のもとで協奏曲を録音したのはカラヤンによる1970年以来」だそうだ。この録音は1996年だから25年近く録音されなかったことになる。しかも1970年の録音は前にも当ブログで紹介したが、ゴールウェイやコッホ・ライスターら管楽器奏者たちによる協奏曲集。1人の管楽器奏者のみの協奏曲によって作られたこの当時のアルバムは、パユの超人ぶりを見せつけている。
前振りばかりが長くなってしまったが、冒頭のフルートの入りの美しさだけでまず感動。優雅で気品の高いこの作品を、パユは持ち前の艶のあるサウンドとさらっと自然に流れるようなフレーズ感で見事に表現している。

フルート協奏曲より 第3楽章(ハイドン)
シェレンベルガー指揮ハイドン・アンサンブル・ベルリン
ハイドン・アンサンブル・ベルリンは、ハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席オーボエ奏者)によって結成された室内楽アンサンブル。
演奏は前述のモーツァルトとはうって異なり、躍動感ある終楽章。凡人のフルート奏者ならば平坦に終わってしまいそうな箇所を、「これがフルート??」と疑問に思ってしまうほどのわくわくしてくるような躍動感は見事だ。

フルートのための協奏曲 第1・2楽章ベルリンバロックゾリステン
少し前に当ブログでも紹介したバロックゾリステンがバックのこの作品。フルートにソロもさることながらバックのバロックゾリステンのすばらしいこと。。

無伴奏フルートのためのパルティータより 第3曲
今回のベストアルバムの中での唯一の無伴奏。。これだけの盛りだくさんの構成の中での「無伴奏」というのはなんとなく色彩感もうすく感じられ味気なく過ぎ去ってしまいそうな、、そんなイメージがしてしまうが。。演奏を聴くとそんな先入観をもってしまった自分がバカだったと痛感する。パユの世界に引き込まれ、とにかく聞き入ってしまった。見事な熱演にとにかく絶賛。。

星たちの息子(サティ)安楽真理子(ハープ)
アメリカ随一のオペラ、メトロポリタン歌劇場にて首席ハープ奏者を務める安楽真理子との共演。安楽真理子はそこまでの見事な肩書きを持っていながら、日本ではほとんど知られていない。この作品ではあっという間に終わってしまうので、近いうちにパユとのデュオアルバムを手に入れてじっくり聴いてみたい。

フルート協奏曲より 第1楽章(イベール)
ジンマン指揮チューリッヒトーンハレ管弦楽団
数あるフルート協奏曲の中で、私がかなりお気に入りのこの作品。フルート協奏曲というとモーツァルトの印象が強くどうしても高貴な宮廷音楽のイメージがしてしまのだが、そんなイメージを払拭する色彩感豊かなフランス音楽。

ダイヤモンド・ダスト・メモリー〜ウィンター〜現在のNHK大河ドラマでは、本編終了後にそのゆかりの地を訪ねるスポットがおかれているが、現在放送中の「功名が辻」では、その音楽をパユが起用されている。その中の1曲。

とにかく盛りだくさんのこの1枚。絶対オススメである。


この記事を読んで、ためになった方・楽しんでいただけた方はぜひこちらへクリックをお願いいたします。クリックしていただき、ランキングページに行くだけで投票したことになります。
人気blogランキングへ投票



ベスト・オブ・エマニュエル・パユ~モーツァルトから日本へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベスト・オブ・エマニュエルパユ YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる