YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS カラヤンチェンバロを弾く

<<   作成日時 : 2006/06/10 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1967年収録の貴重な影像。

ヘルベルトフォンカラヤン指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番ト長調BWV.1048 / 管弦楽組曲第2番ロ短調BWV.1067

カラヤンがチェンバロを弾きながら、指揮をするという貴重な影像。管弦楽組曲のフルートソロは当時首席のカールハインツ・ツェラーであるが、フルートのソリストよりもカラヤンの弾き振りシーンが圧倒的に多い。
もちろん演奏はすばらしい。
ツェラーと言えば、オーレル・ニコレ→ツェラー→ジェームス・ゴールウェイ…とフルート黄金時代の中間を担った名奏者。この人のソロももちろん見所のひとつ。。
30分ちょいの短いDVDだが、値段も手ごろでオススメである。

この記事を読んで、ためになった方・楽しんでいただけた方はぜひこちらへクリックをお願いいたします。クリックしていただき、ランキングページに行くだけで投票したことになります。
人気blogランキングへ投票

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番ト長調BWV.1048 / 管弦楽組曲第2番ロ短調BWV.1067 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カラヤンチェンバロを弾く YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる