YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS スヴェトラーノフ ロシア管弦楽名曲集

<<   作成日時 : 2006/07/23 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が最近散々聴いているCDがこちら。


スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団
ロシア名曲集

スヴェトラーノフについては以前当ブログでも紹介したのでそちらもご参照いただきたい。
http://yossy-t-symphony.at.webry.info/200503/article_5.html

2002年に他界するまでの長い間「現在最もロシア的な指揮者」と称えられたスヴェトラーノフによるロシア管弦楽作品の名曲集。

収録曲
序曲「ルスランとリュドミラ」(グリンカ)
だったん人の踊り(ボロディン)
中央アジアの草原にて(ボロディン)
スペイン奇想曲(リムスキー=コルサコフ)
剣の舞(ハチャトゥリアン)
モスクワ河の夜明け(ムソルグスキー)
はげ山の一夜(ムソルグスキー)

どれも名演ぞろいだが、特筆すべきはやはり「だったん人の踊り」だろう。
なんともスヴェトラらしいクライマックス!
最後の全員ffでの伸ばしがとてつもなく長ーい!!
他の普通の演奏が「いちにぃさんしぃ、ジャン!」と終わってたとすると、スヴェトラ版は「いちにぃさんしぃ、にぃにぃさんしぃ、さんにぃさんしぃぃぃ、ジャン!」。そう、通常の3倍くらい長く伸ばしている。熱狂的なサウンドでのそのながーい伸ばしは、本当に胸がわくわくしてくる。
スヴェトラを少しでもかじったことのある方なら、だいたい想像がつくであろう。

「スペイン奇想曲の最後も長いかな??」と期待して聴いてみたが、こちらは残念ながら普通。昔、N響アワーで見たスヴェトラのスペインは長かったような気がしたのだけど。。

他にもたくさん特筆すべき場面はあるが、このだったん人のインパクトが強すぎる。たくさん書くとこのインパクトが薄くなってしまうといけないので、これだけ書いておこう。
私が購入したときは3000円もしたが、現在はリプレスで1575円にて発売中。AMAZONで買えばさらに5%オフ。
クラシック音楽が好きな人なら、どんな人が買っても絶対に損をしない1枚。
ロシア名曲集

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スヴェトラーノフ ロシア管弦楽名曲集 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる