YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨークフィル ブラスクインテッド 日本公演

<<   作成日時 : 2007/07/12 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は所沢まで、ニューヨークフィルブラスクインテッドの公演に行ってきました。ひさびさの所沢ミューズ。航空公園まで相当遠いと思いきや、、実は高円寺から1時間で着いた。。意外に近かったのだ。1時間半以上かかると思っていたのに。。

さてさて、1曲目「ウィルク・レンウィック・ダンス」。華やかな幕開け…。。…ではあるのですが、ミューズが響きすぎて彼らの音がほとんど聴き取れない。。私としては、、あまり納得のいかない響きでした。。

演奏後、ラッパのスミスが司会を開始。英語なのであんまりよくわからないが、身振り手振りでなんとなく言いたいことはわかったようなわからないような。。

2曲目バッハの作品を2つ。スミスとマッキーがピッコロトランペットを演奏。。メンバーもだんだんこのホールの響きに鳴れてきたようでテンションが上がってきて、上々の演奏。

トロンボーン・ホルン・テューバによる3重奏曲をはさみ、次に演奏したのはロッシーニの「泥棒かささぎ序曲」。アレッシの超絶技巧に脱帽。。バストロンボーンでのオーケストラスタディでも頻繁に出てくる有名な旋律も、「これでもかっ!」というくらい一つ一つの音を響かせ、、とても見事だった。。それに加え、テューバと入れ替わり、ベースをバリバリ吹きまくるアレッシは本当に凄かった。

前半最後は「ウエストサイドストーリー」より3曲。スミスのアナウンスでは、、ストーリーを簡単に説明し。。「男性主演のトニーは私だ!」というようなトークで会場は盛り上がる。。「トニーの彼女のマリアは…??」とスミスは後ろにいるメンバー4人の方を振り返ると。。テューバのベイアーがウィンクをしてマリア扮する。。これには爆笑しました。。
さてさて、、演奏は1曲目の「何か起こりそう」で冒頭から超スピードで吹きまくり、ビックリ!!ラッパのスミスが凄かった!スミスが本気で吹いたときの圧倒的なサウンド、、かなり爽快です。。
2曲目のマリアで、アレッシがめちゃめちゃイヤらしく吹きまくる。。ここでいよいよホルンのマイヤー登場。。超美音…想像以上のデブだが、、ただのデブではない。。出てくる音がとろけそうな柔らかい音から、周りを圧倒するような力強い音まで自由自在。。何度聴いてもマイヤーは凄い。。
3曲目「アメリカ」。やっぱり超スピード。トランペットもホルンもトロンボーンもテューバも凄すぎる。。オープニング1曲目で感じたホールの響きすぎというハンデも早くも克服し、、迫真の名演であった。

休憩を挟んだ後半、、もう凄すぎます。。カルメン、、ガーシュイン、、言葉にできません。。
米最高の金管奏者であるトランペットのスミス、ホルンのマイヤー、トロンボーンのアレッシの3人衆はやっぱり世界最強です!!こんな豪華メンバーが3人揃うニューヨークフィルはずるいです。。(笑)またニューヨークフィルが聴きたくなりました。。遠かったけど、来てよかった。。

アンコールは2曲。5人が音楽に合わせて、歩き始めると突然ホルンのマイヤーが楽器を吹くのをやめ、、“どすこーーーーい!!”とばかりに四股を踏んだのには爆笑!!本当に会場が「どすーーーーん!!!!」って音がしました。。まさに横綱ですね。。だって本当に凄い想像以上の体格なんですよ!!スミスやアレッシが演奏後深々と礼をしていてもマイヤーは頭をちょんって下げるだけ。。だって深々と下げたらそのまま前に転がってしまいそう。。
凄い盛り上がりの中、幕を閉じました。


これで今週3回目の演奏会が終了しました。どれもとても勉強になったし、、楽しかったです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニューヨークフィル ブラスクインテッド 日本公演 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる