YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリンフィル12人の金管奏者たち Vol.2

<<   作成日時 : 2007/07/20 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

昨日に引き続きの強行計画第2弾。もちろんベルリンフィル12人の金管奏者たちの公演です。昨日マネジメント会社に連絡したら、現在A席あと6枚のみです…とのことで。。
今日の当日券も買えないかもしれない…そんな不安をよそに仕事を片付けてオペラシティに向かう。

今日は仕事がなかなか片付かず、、初台に着いたのが開演3分前。そこからは超早歩き。コンサートホールまで一度も迷うことなく、エスカレーターを駆使し、、超スピードで到着。(方向音痴のYOSSYにとっては奇跡でした)
当日券はあり…よかった。。やはりAのみ…という表示でしたので、「1枚ください」とお願いすると、「SとAがあるのですが」と。。なにーーーーっ!!しかもSは2階席の2列目の端から2番目…なかなか良い席じゃないか。。ということで迷わずS席選択。

会場に入ると「まもなく開演いたします」のアナウンスが、、そこからもダッシュして、、滑り込まないけどセーフ!!間に合いました。。汗だくだくでしたが。。

今日は前半は昨日と全く同じ。後半は、トロンボーン四重奏がないかわりに、歌劇「魔笛」序曲と「魔弾の射手より狩人の合唱」、アイガットリズムを演奏。

汗を拭いて、、携帯電話の電源を切って、、としているうちに楽団員たちが入場。。昨日と同じオープニングの「アブデラザール」を聴いて、「なんとか間に合ったよー!」と安心。。息が上がっていて、、1曲目はそのことしか憶えていない。

前半は、皆さん少しお疲れ気味だったかな。。公演続きですからね。ミスもちらほらしていたし、、昨日の方が素晴らしかったかな。。バッハはどれも昨日の方がよかったかな。。
オペラシティのホールも微妙かな。。響きが微妙で、、トランペットの細かい動きがほとんど聴き取れなくて残念、、昨日はあんなに華麗に動き回っていたのに。。まあ私の座ってた席も今日は演奏者からかなり遠かったのでそれもあると思いますが。。その代わりと言ってはなんだけど、昨日はラッパトロンボーンに埋もれてあんまり聴こえなかったサラのホルンが非常によく聴こえて嬉しかった。

休憩時、、販売グッズをチェック。。またがっかり。。また例の五重奏のCDと、今度はベルリンフィル自体のアルバムが数枚。。マーラー五番と惑星と英雄の生涯だったかな。。微妙。。どうせなら普段買えない各々のプレイヤーの自主制作とかないのかな??皆さん、持って来てくれればいいのに。。
そうそう、、あと別にベルリンフィル特集でもない「モストリークラシック最新号」、、はっきりいって意味不明。

後半開始。昨日はやらなかったモーツァルトの魔笛。皆さんの超絶技巧、、素敵でした。魔弾の射手ではホルンのサラが大活躍嬉しかったです!

カルメン、昨日よりテンションが高くてよかった!やっぱお客さんが多いからかな。。最後だけ、トリルがうまくからまなくて、「フェイドアウト」みたいな感じで終わってしまって残念だったけど。タルコヴィの張りのあるサウンドのソロは昨日よりよかった。

アイガットリズム、これも今日の方がよかった。テンション高くて!!冒頭のシュルツのバストロンボーンソロ、最高にかっこよかったです。

グレンミラーストーリー、、うーんこれは昨日とは甲乙つけがたい。。どっちもよかった。昨日より、オットーの音がよく聴こえて、、彼の編曲だし、、「実はおいしいところ、自分で持って行ってるんだな」ってわかって、なんだかおもしろかった。シュルツのバストロンボーン、包容感ただよう音色でしかも機能的で素晴らしかったです。そしてやはり、ノリノリのゲスリングも最高です。そしてホルンのサラ、本当にこの人凄いです。奏者としても凄いけど、人間としても凄いと思う。今日も演奏中、皆に気を配っていて、、「サラの表情ひとつで雰囲気がよくなる」感じがするんですよね。

アンコールはまず昨日と同じハンガリアンダンスのチャルダッシュ。これは昨日よりずうっと良かった!ヴェレンツェとタルコヴィ両首席の連携、見事でした!連携というか…バトル??2人のスーパーテクニックバトルで私はドキドキしっぱなしでした。
続くアンコールは、、サプライズ!!なんとベルリンフィルのアンコール定番の「ベルリンの風」でした!あの口笛で「ピュイ!ピュイ!ピュイ!」ってみんなで吹くあの曲でした。。私はなんだか嬉しかった!ヴェレンツェが必死で口笛吹いていたので、私も頑張って吹いたのですが、、口笛苦手な私では役に立てず。。お客さんたちはなかなかやってくれなくて、メンバーたちにとっては「イマイチの盛り上がり」だったかな??次回までには口笛、練習しないと!!
次は、、「3匹の猫」のミスタージャムスだったかな。。フリューゲルホルンが活躍する幻想的な曲です。私もやったことあるので興味深く聴かせていただきましたが、、冒頭から鳥肌立ちっぱなしでした。
冒頭のバストロンボーンのベース、、それに続くフリューゲルのソロ、、途中途中出てくるホルンのソロ、、最後のピッコロトランペット、どれもとっても美しくて感動しました。

最後は、、昨日と同じ「浜辺の歌」。本当に泣きそうなくらい美しかったです。「これで終わりなんだなぁ」と思うと本当に切なかったです。

終わってからは、サイン会突入。。
また続きは後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シュテファン・シュルツ
新年明けましておめでとうございます。 昨年はだいぶ更新が滞ってしまうことも多かったのですが、「継続は力なり」。滞っても、決して辞めることなくベルリンフィル情報を皆様に提供できればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY
2008/01/01 01:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
YOSSY様。続きが読みたいです〜!お時間がお有りの時にUPして下さいね〜!
ネコ
2007/09/12 20:44
申し訳ありません!!ちょっと多忙でして。。
時間が出来たら、必ず書きます!
YOSSY
2007/09/13 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベルリンフィル12人の金管奏者たち Vol.2 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる