YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリンバロックゾリステンwithパユ 東京公演

<<   作成日時 : 2007/10/12 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

10月12日はパユ&ベルリンバロックゾリステンの公演に行きました。
仕事を気合で終わらせて、、ぎりぎりセーフ!!…という感じでした。

パユはなんどもご説明しておりますがベルリンフィル首席フルート奏者、、ベルリンバロックゾリステンはベルリンフィルのメンバーを中心に編成された室内楽団。
いまや世界を代表する室内楽団で「超癒し系」です。

今回はヴィヴァルディプログラム。
すべてバロックということで知らない曲ばかりでしたが1曲1曲も短く、飽きずに聴けました。。

1曲目は「弦楽のための協奏曲ト短調」。冒頭の響きから…感動
なんなのこの美しい響きは??
会場の拍手がやみ、第一声、、その美しい音色にYOSSYは弱いのです。やっぱり第一声はみんなが注目しているわけじゃないですか。。
聴き手もかたずを飲んでこれから始まる音楽を待っている…そこでこれだけの美しいサウンドは本当に凄いと思います。

2曲目は「ヴィオラダモーレ協奏曲ニ長調」、ソリストは元ベルリンフィルの首席で超大物アーティストのウィルフォラム・クリスト。
今まで彼の音をじっくり聴いたことがなかったので、聴けたのが本当に嬉しかった。
第2楽章「ラルゴ」、美しすぎです。本当に泣いちゃいそうでした。アルペジオの表現が本当にきれいで、、とても感動でした。

4曲目いよいよ「フルート協奏曲ニ長調ごしきひわ」。パユ様登場です。本当にかっこいいですね。
そしてサウンドがまろやかであり華やかであり、繊細であり、、すべてが凄いです。指も驚くほどまわるし、、しっかりと息が入っているのでフレーズもどんどん流れていって。。
ただただ感動でした。あっという間に終わってしまったという感じです。。

休憩をはさみ。。

5曲目「合奏協奏曲ニ単調」に続いた6曲目でまたまたパユ登場。「フルート協奏曲ト短調夜」。9分程度なのに6つの楽章に分かれていて、、ひたすら「Largo〜Presto」の繰り返しで、超忙しい曲ではありますが、パユはそんな忙しさもなんのその!!華麗に音が舞っていました。
今回パユの技術で特に驚いたのが、テュッティでのサウンド!弦楽器とどうしてあんなに音が馴染んでしまうのでしょう?音が突出しているわけでもなく埋もれるわけでもなく、同属楽器じゃないのにあの音の融合はなんでしょう?
弦のサウンドにパユが入るととてもまろやかになるんですよねー。驚きました。しかもあくまでも「ゲスト」なのに、細かい動きも弦とぴったりで…ただただ驚きでした。

7曲目、「2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調」はリーダーのクスマウルと唯一の日本人奏者、町田琴和が登場。町田琴和はベルリンフィルの第1ヴァイオリン奏者で、、もちろんバロックゾリステンの正規メンバーです。(エキストラではありません。)
この超一流の室内楽団に私たちと同じ日本人奏者がいるというのは本当に嬉しいですね。ちょっと緊張気味のようでしたが、、やっぱり持っている才能はさすがで、素晴らしかったです。

8曲目、最後のプログラムは「フルート協奏曲ヘ長調海の嵐」。
躍動感あふれる第1楽章。「海の嵐」という副題ですが、、「嵐」には思えません。パユが吹くとあまりに華麗で、、海鳥が海でたわむれているような気がしてきます。いや、、パユがたわむれていると言うべきか??
例が悪いのですが、「タッキーファン」って凄いじゃないですか。(ジャニーズの滝沢くんね。)
そのタッキーが海でたわむれているのを遠くでファンが「キャーキャー!」言っているような、、私たち聴衆はその「タッキーファン」のような心境でパユの業を見ていたような気がします。
「パユマジック」ですね。。
例が悪いですか、そうですか。。私は表現力ないのです。。。(涙)

最後の曲も7分程度であっという間。。今回の曲1曲1曲が短いので、非常に気軽に聞けるのですが、悪く言うと「あっという間に終わってしまう」んですよね。私たちの気持ちが高揚してきた…と思うと「終わり!」なのです。。それがちょっと残念でした。

アンコールは、最後に演奏した「海の嵐」を途中からもう1回。ヴァイオリンのセヴァスティアン・ヘッシュによる日本語トークが本当に見事でした。。発音もいいし、、とても流暢でびっくりでした。(町田琴和が日本人なんだからしゃべればいいじゃん…と突っ込みたくなりましたが。。)
2回目の「海の嵐」はさらにテンションが上がって、まさに「ブラボー!」でした。

最後の最後はバッハの管弦楽組曲の「バディネリ」。もちろんフルートソロ。私この曲大好きなんですよねー。
フルートが本当に美しく舞いますよね。「パユの舞」はとても華麗で美しく、、あっという間に終わってしまいました。もっとじっくり聴きたかった。。3回くらいやってほしかったなぁ。。(笑)

終わってからはサイン会にもちろん参加。。 皆さん、丁寧にサインをしてくれて嬉しかった。パユのお兄さん(?)も来ていたようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
YOSSY様。
BBSの演奏会、本当に素晴らしかったですよね!
ところでパユのお兄さん・・・って本当ですか?!
具体的に教えて頂いても良いですか?
ネコ
2007/10/20 19:35
>ネコさま
詳しくはメールさせていただきました。
BBSの演奏会本当によかったですね!!
早くまた来日しないかな!!
YOSSY
2007/10/24 00:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベルリンバロックゾリステンwithパユ 東京公演 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる