YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS シュテファン・シュルツ コペンハーゲンリサイタル

<<   作成日時 : 2015/05/13 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


Copenhagen Recital (Live)
BIS
2014-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Copenhagen Recital (Live) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




久しぶりの更新です。
ベルリンフィルのバストロンボーン奏者であるシュテファン・シュルツが新しいアルバムを昨年出しました。
それに伴い、昨年7月に久々の来日。日本には何度か来ていたようですが、東京での公演はなかったし、ベルリンフィルの公演などにも帯同していなかったので、本当にひさしぶりにお会いできました。
東京公演はこのアルバムに収録されているものが多く、もちろんその公演会場でCDを先行販売。早速、買って帰って聴いたら感動が蘇りました。

彼の持ち味であるあたたかいバストロンボーンの響きがしっかり堪能できます。
私のおススメは、テレマンのソナタヘ短調。
もともとファゴットとピアノのためにかかれた曲だそうですが、バストロンボーンにもとても合います!
先日、あるカフェでこのテレマンのソナタが(もちろんファゴットソロで)かかっていたのですが、「もしかしたら、バストロンボーン版の方がいいかも」とも思ってしまいました。
シュテファンはテンポ早めに演奏していますが、早いパッセージも1音1音丁寧に演奏していて、脱帽です。
聴いて気に入った方は楽譜もぜひ。結構リーズナブルな価格ですね。
バストロンボーンだと少し音が高いかもしれませんが、シュテファンが吹いているとそう聴こえないところがまたすごいです。






あともう1曲おススメは、15分近い大曲、HYLDGAARDというかたが作曲した「Concerto Borealis」。
冒頭からのスピーディなカッコよさももちろんですが、中間部分の抒情的な部分が本当にシュテファンのあたたかいサウンドにバッチリ。。
15分という長さなのにあっというまにクライマックスがやってきます。
この曲が終わると観客の拍手が入っているのですが、思わず一緒に「ブラボー」と言ってしまいそうになります。

ちなみにこのシュテファン・シュルツは7月に「ベルリンフィル12人の金管楽器奏者たち」で来日予定です。こちらはだいたい2年に1回くらい来日してますが、シュテファンは最近2〜3回欠席してました(喝)。私はとても怒ってます(笑)。
というわけで久々にベルリンフィルブラスでシュテファンの音が聴けるのもとても楽しみです。
公演のご案内はこちら。
http://www.noah.jpn.com/article/concert/2015/12brech.html




【輸入盤】『コペンハーゲン・リサイタル』 シュテファン・シュルツ [ Trombone Classical ]
楽天ブックス
Trombone Classical発売日:2014年09月11日 予約締切日:2014年09月07


楽天市場 by 【輸入盤】『コペンハーゲン・リサイタル』 シュテファン・シュルツ [ Trombone Classical ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シュテファンシュルツ コペンハーゲンリサイタルA
ベルリンフィルのバストロンボーン奏者であるシュテファン・シュルツのアルバム。 ...続きを見る
YOSSY's SYMPHONY
2015/06/29 21:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。このようにブログにコメントを書くのは初めてなんですが
こちらのブログにコペンハーゲンリサイタルの感想が詳しく記載されていたので
思わず筆を執った次第です。私も今までトロンボーンの曲はほとんど知らなかったのですがこのCDをきっかけにいろいろ聴くようになりましてとても魅了的だと感じています。実はこのCDのピアノは娘が弾いているのです。娘のおかげでトロンボーンの曲もユーチューブなどで聴くようになりました。また、ご興味がおありでしたらベルリンフィルのOlaf Ott氏の「トロンボーンとピアノのためのフランス音楽」も聴いていただけると嬉しいです。
スコットママ
2015/06/28 20:16
>スコットママさま

はじめまして。人生初のブログコメントありがとうございます。

このアルバムのピアニストのお母様からコメントをいただけるなんて光栄です。
シュテファン・シュルツの大ファンで、来日の際には必ず公演に行きます。
シュテファンも私の顔は覚えてくれているようで、いつも気さくに話しかけてくれます(私が英語ダメなんで、会話が通わないのですが)。

このアルバムの1曲目(グリンカ)のピアノの切ないソロがとても気に入っていて、「ピアニストもどんな方なのかな?」と気になっていたんです。
やっぱりお気に入りは「Concerto Borealis」で、中間部の抒情的な場面での、ピアノとのデュエットがなんとも言えない心地のよさです。
素晴らしい演奏をありがとうございます。
お嬢様にもぜひよろしくお伝えください。
YOSSY
2015/06/28 22:03
早速のお返事ありがとうございます。
私もシュルツ氏の大ファンになったので娘に
CDにサインをしてもらってね。と頼んだほどです。
でも忘れずに持ってきてくれるかはあてになりませんけど・・・。
彼とは、ランチコンサート、スペイン、ドイツランツベルグ、などで
コンサートをしたようです。私もこのCDで一番印象的だったのは
コンチェルトボレアリスでした。
http://www.augsburger-allgemeine.de/landsberg/Alles-nur-geklaut-id33380582.html
上記はドイツでのコンサートの批評です。
やはりテレマンはとても印象が良かったようですね。
最後にシュルツ氏とのyoutubeの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=qoUIB149rgU
これからのご活躍お祈りしています!
スコットママ
2015/06/29 02:50
>スコットママさま

情報等ありがとうございました。なぜか上記コメント欄のリンクがうまくいかなかったようでしたので、下記にご紹介させていただきました。
http://yossy-t-symphony.at.webry.info/201506/article_4.html

ぜひたくさんの方に聴いていただきたいですよね。

シュテファンはもうすぐ日本に来ることになっているのでとても楽しみです。
私もサイン何回ももらってます。
お話する時間があるときは、私の拙い英語で一生懸命しゃべります。するとサインもメッセージを加えてくれたりして、とてもうれしいです。

YOSSY
2015/06/29 21:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シュテファン・シュルツ コペンハーゲンリサイタル YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる