YOSSY's SYMPHONY

アクセスカウンタ

zoom RSS アーノンクール引退

<<   作成日時 : 2015/12/08 10:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

インターネットのニュースをみてびっくりしました。

世界的指揮者アーノンクールさん引退 自筆でメッセージ
http://www.asahi.com/articles/ASHD64SB9HD6ULZU005.html

「病気のため指揮を交代したウィーン公演のプログラムに、聴衆への自筆メッセージを挟み込み、今後の演奏活動から退く意向を明らかにした。」
聴きにいらしていた聴衆の皆様は、とても大きなショックを受けたでしょうね。

私もとても好きな指揮者だったので、突然の引退発表に驚きを隠せません。

レパートリーに関する独自の解釈で、日本でも人気を集めました。

私が生で演奏を聴いたのは、2006年のウィーンフィルの日本公演で聴いたのが最初で最後となりました。

モーツァルトの交響曲第39番とベートーベンの交響曲第7番だったと思いますが、ベートーベンの第2楽章での冒頭での規格外の切なさと美しさにとても感動したことを思い出します。


久しぶりにベートーベン全集を聴いてみました。

Beethoven: Complete Symphonies Nos. 1-9
Teldec
2003-05-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Beethoven: Complete Symphonies Nos. 1-9 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



演奏はヨーロッパ室内管弦楽団。
ひとまず聴いてみたのは思い出の「第7番」。

ウィーンフィルとヨーロッパ室内管弦楽団、演奏しているオケには違いがあるものの、聴くとあの時の感動が蘇ります。やっぱり第2楽章の冒頭に着目してしまいますが、ヨーロッパ室内管弦楽団の演奏も期待通りのものとなっています。

他のCDももちろん聴きましたが、どれも素晴らしいです。
ベートーベンの交響曲といえば、あまりにも有名すぎるがためにどの演奏も「オーソドックスで無難」な演奏が多い気がします。しかしそれは心に残ることはありません。
アーノンクールのベートーベンは、どんどん自分の心に入り込んでくるような気がします。
心にどんどん訴えかけてくるような…他にはない演奏で心にずっと残ります。

ぜひ皆様、ご一聴ください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アーノンクール引退 YOSSY's SYMPHONY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる